England コッツウォルズ

2010.6.2 コッツォルズ

ヒドコートガーデンの続き

521

524

写真を見ていて

 ヒドコートとキフツゲートの

境目がわからなくなります。

お隣同士で 駐車場も

 出たら小さな細い道路の

向かい側に入り口

すぐそこです。

まだ ここはヒドコート

ですよ(^^)ここで お茶を飲まなくちゃ、あともう少し散歩しましょう

526

525

529_3

優雅に アフタヌーンティと

行きたいところですが

ガーデンシーズンにつき

観光客で 混み合って

カフェは順番待ち

07140002_2

MENUをみて イングランドって プディングが伝統らしい。

プディングを何でも良いから オーダーしてみよう~

で 本日のプディングは カスタード&チョコと ジンジャーのプディング

らしい。。。  2つずつお願い。迷わず私は 白いジンジャープディングを

私たち これを見て 声に出して

「これが プディングなの? このことだったの?

 なーんだ!!! 」 いまだに プディングとはなんぞや?と

曖昧模糊として その正体を掴めていない私です。

行って食べたことのある方 正体を私に教えて下さい。

って 私たちもこれで 食べたことになるのよね?

(?_?) さて ジンジャーケーキの方ですが 冷たくて

甘さ超控えめなサッパリした味のチーズと生クリームのミックス

したような中に、サッパリ味のジンジャーの花の

ような繊維が現れました。ますます 爽やかな感じ

この味は 好きです。また 出会えたら食べたい。

チョコレートの方は 暖かいチョコレートがかかって

それに 甘さ超控えめの卵黄の香りがするような サッパリ味の

カスタードクリームをかけて いただきます。

色合いは絶妙ですよね。食をそそる色の組み合わせ

こちらは 暖かいケーキ

どちらも 超甘さ控えめなのが 嬉しい。

素材の香りと味がよくわかる ギリギリの感じ

530

531

やはり イングランドでも 飲み物は 紅茶ではなくコーヒー

これだけは ゆずれない(--;) ウ

そして どこに行っても 出会えなかった アイスコーヒー

空港でも レストランでも 変な顔される 仕方がないので

コーラを注文

旅の間 唯一 Menuに Iced coffeeと書かれていた

場所があった。飛び上がって 大喜びで注文した

それは ウォレスコレクション、やはり フランス系なので

カフェオレの親戚の アイスコーヒーは外せないよね。

さて 話題がしれました。

さて お腹も落ちついたことですし

★お隣の キフツゲートへ行きましょう。

538

入り口で入場券を買います。じつは

この後の2枚が キフツか ヒドコートかわからない画像

537

536

どちらも お客さん多し、ガーデニングの道具や種を売っていたのが

キフツゲート、山の斜面を 利用した段差がハードで 手入れが

大変だろうな。。。と 感心させられた ガーデン

558

541

イングランド どこを見ても 牧草地 牧場に羊や牛や馬が

のんびりと 草を食べたり 寝ていたり

見渡す限りの 牧草地。延々続く牧草地。

こういう地ならば 我が故郷と誇らしく思えるだろうな。。と

思うほどの のどかな牧草地

どこを見ても 煉瓦の家が続くのは 地震がないからですね。

山もなくて 見渡す限り 緑の丘 ふぅヽ(´・`)ノ  フッ…

546

543

ダリアの

スタイルや色も

なんか

違って見えます。

こちら風?

美しい

561

一番奥の

水に立つ

この金色の

オシベのような

アートが

石の椅子とともに

キフツゲートの

シンボルみたいですね

557

山の斜面、下りがあると言うことは 

登りがまっているということ。。。。で 歩き疲れた

Hirokoちゃんを 中腹に残し 3人で下の池のところ

まで降りてみました

545

553

遠くを2人で眺めていた

老夫婦に Tomyちゃん

さっそく 話しかけてみる

どこから来たの

どこへ行ったの?

そんな会話。

お爺さんは マイケルさん お婆ちゃんは マリアンヌさん

イギリスはどうですか?と 問われ Great! と

知ってる単語を一言つぶやいたら

とっても 嬉しそうな顔をされてので どうやら 私の言葉は

通じたらしい。。。。ので

さっそく 英会話の初級

”Nice to meet you”と言って 握手

自己紹介が出来た \(^O^)/その先は わからん。。

複雑に長くなってきたら ふぁ~さんか Tomyちゃんに

顔と話題を ふる。 えっへっへ

563

これ

先ほどの

564

さてあんまり話し込んでいたら Hirokoちゃんが心配するよ

戻ろうもどろう。 お二人にバイバイして

さてコッツォルズwayの ドライブじゃ

2日目は コッツォルズで のどかな田舎ゆえ 運転を

交替しましょう。と ふぁ~さんと 私が ハンドルを握る

ナビは上手いのじゃが ハンドルを握らせると

運転が荒いとか ブレーキが雑だとか。。。やたら

ブーイングが多い (`_´) プンプン

私は高速道路が得意なの 何が飛び出してくるかわからない

車幅が掴めない田舎道は苦手なのsign03 いつも 小型車だから

小回りがきくの これは そうはいかないの!!と

ぎゃあぎゃあ 言われたら きゃあきゃあ 言い返しながら

私が運転に集中すれば 全員 息をのんでフリーズするの

やめてくれない ? ( ̄^ ̄)

だーかーらー 皆さんをリラックスさせる うるさいナビが

私にはぴったりなのよ。

でも 運転しましたわよ コッツの農道を。。。。

565

こんな所で車を停めるの やめようsign03っていう悲鳴を

聞いても 記念写真のために 停めたわよ

良い写真じゃん heart04 良い思い出よ heart04

ゴミ箱の上に 置いてデジカメの タイマーセット

572

569

そろそろ

ふぁ~さんの

野生の血が

甦ってきて

なんだか

がぜん元気になり

私がハンドルを

握るわ。と 後半交代。そして こんな景色が

延々と続くなか 一路 今夜のお宿のある 村、Bibury

566

 

 

日記写真集2

無料ブログはココログ