燻製パーティ

2009.8.8 お昼 ボタニカルday

0251

今日は今年1番の蒸し暑い日 暑さで溶けそうです(O.O;)(o。o;)

0261

夕方、友人宅にて燻製パーティ

じつは燻製作業をする方々は 早くから来てチップに火を付け

火をおこし 燻製窯・・・である 段ボールでの簡易燻製BOXを

作り 燻製開始、この桜のチップは

燻製マネージャー氏が 子どもさん達が 生まれた年に記念に

植えたという25年の桜の木の枝で 作ったものだそうで

「ええええ 買って来たのではないのですかsign03

この燻製BOXも 段ボールで、なんと4段重ね

サバイバル生活出来そうな 生きる知恵満載の燻製マネージャー

0311

あるときは居間でお品よく お茶をいれる鉄瓶が鎮座まします

優雅な火鉢が 今日は頭に段ボールをのせ

桜チップを くすぶらせ 、「私 こんなことだって

出来ますのよsign03」と ちゃんと存在感をみせる

こちらでは こじんまりと 燻製2号機 

0271

この家の主さまも 燻製マネージャーの指示をうけ

積極的にお手伝い、とても 役に立ってらっしゃいました。

庭で キャンプっていう感じ 

0281

0361 家の中では

おむすびや

トマトを並べて

宴会準備

誰ですかsign02

コップの数を数えている人は

10名です。

0371いまか

いまかと

燻製到着を

待つ

じゃじゃーんnote 登場

材料は 持ち寄り、鯛・こんにゃく・ゆで卵・たくあん・かまぼこ

ウィンナー・ちくわ・チーズ・豆腐・・・・何でも

0391

美味しく食べるには 美味しくなるのを 「待つ」という

料理法もあるのかも

0351

夕方から

暗くなるまで

ずーっと

くすぶり続けた

燻製トリオの皆様

おかげさまで

美味しい燻製を

お腹いっぱい 食べさせていただきました。

これは 間違いなく 男の料理ですね。

 

 

日記写真集2

無料ブログはココログ