とびしま海道

2012,6月16−17日
年に2回の????
ヨット部 デイキャンプが 春はお泊り宴会
秋が日帰り デイキャンプとなり
今回は 大崎上島の 清風館に泊まるとのこと

0
1日目は 雨。。。そして 霧。。。
せっかくの景色が 霧で隠れて 見えない
されど 船は無事につき 10名集まって 宴会

会話の内容は @@年たっても 変わらぬワンパターンなのですが
歳を重ねるに連れて 子どもの結婚、孫の話、年金について
近況、ひと通り 話題が出つくしたら
いつもの話題。それでも 集まるのは
学生時代の 合宿の延長なのかも(^_^;)

もっとも どすこい貫禄のついた おばさん達は
先輩に タメ口 たまに思い出して 敬語

00

さて その贅沢な同窓会合宿 翌日は
とびしま海道めぐりで 橋をいったい いくつ
渡ったことか。。。

岡村島で 展望台があるみたいよと 小冊子の旅案内を見て
行ってみよう!!!と アプローチ
この急カーブはなんなんだぁ
山の斜面 Z になった細い道を ひたすら上がる
これで 対向車が来たら 泣きたくなるね。

3
そして あとちょっと というところで
ものすごい 鋭角で細い急カーブ 
軽自動車ならいけるけど やめておこう とみんな
車をここで停めさせていただいて 歩いて展望台へ行く

見えるでしょう 白い車が点のように。。。。
ここは 愛媛県、みかんが 山の急な斜面で栽培されるのは
日当たりがよく 水はけが良いために 急斜面に植えるのだそうです
デコポンとか その他の柑橘類は 平地に植えて
みかんは 山の急な斜面に植える。と聞いて 納得
そして この斜面から どうやって収穫したみかんを
運のかというと このジェットコースターのように
いたるところに レールがついてるトロッコ

4
島の頂上付近でとても景色が良いポジションにつき
おじさんは、椅子や松を植えて 庭園?を作ったのだそうです。
本当に ここからの景色は最高でした。
ただ 軽自動車で来たほうがいいと思う。
5

さて そこから 橋をいくつもわたって
もうどこにいるのか 自分でもわからない
「御手洗MITARAI」到着
ここからは 「みたらい」のあちこちを

6

7

8

9

10

路地を歩こう!!と 歩いて 気になる神社の中に入る
菅原道真の神社らしいよ。  ほうほう
この下を 通り抜けたら願い事が叶うらしい
ほうほう ではさっそく
「痩せますよう・・・・」

11

嘘よん 
「家族みんな 誰も彼もが健康で Happyになれますように」って
お願いしながら 通り抜けましたよん
いい子ぶってるわけではないの、こうやって自分が
遊びまわるためには
みんなが健康で幸せでないと 成り立たないの。

12
お天気になって よかったね
この石垣は 加藤清正が関係あるみたい。。。。
ほうほう ふ〜ん

13
更に町並みを行くと
かつての遊郭跡とか
伊能忠敬の日本で2点しか存在しないという絵巻物のMAPとか

15

14

144
館内の DVDでの町の解説が とてもわかりやすく
みんな 聞き行っておりました
学生時代 こんなにまじめに授業に向き合ってた
とは 思えないメンバーです(^_^;)

TVでみたよ。この時計屋さんて 修理できないものは
無いのですって??記念写真ポイントみたい
他の観光客さんも のぞきこんでいました

16


17


1


8_2

さて アチこち見て歩いたら おなか空いたね
18

で 中国新聞のフェニックスでにでてた お店に電話して 穴子重を予約して
。。。。なんせ、10人ですから。。。席の確保が最優先

19
帰りは 夏みかんを買ったり

蒲刈の県民の浜に立ち寄ったりしながら
夕方5時前には 帰宅
21

宿で全員集合\(^o^)/

2


日記写真集2

無料ブログはココログ